インターネットでのお申込みは24時間受付可能

モビットは多くの申込み方法がありますので、ご都合のよい方法にてお申込みください。 スマホ、パソコン、ケータイなどを使ったインターネットでのお申込みは24時間受付可能なので、時間や場所を選ばない人気の申込み方法となっています。

・スマートフォンから申込
・パソコンから申し込み
・ケータイから申込み
・電話から申込み
・ローン申込機
・郵送申し込み

モビットはWEB完結で申し込むことも可能です

モビットの特徴として、電話や郵送物もなくネットでお申し込みからご利用まですべてインターネットとメールだけでお手続きが可能な「WEB完結申込」があります。 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があり、その口座をモビットからの振込貸付と口座振替による返済に利用するなどいくつかの条件がありますので、ご利用の際には公式サイトにてご確認ください。 また、条件を満たし必要書類などを用意してWEB完結申込を行うことによって、電話や郵送物もなくなるので、誰にも知られず誰のも会わずにお金を借りたい場合などには最適の申込みといえます。

モビット申込み条件

満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方(モビットの審査基準を満たす方) ※アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です

お急ぎの融資をご希望の場合には

モビットならお急ぎの融資にも対応しています!インターネットからお申し込み後に、フリーダイヤルへお電話ください。

【最速での融資の流れ】
(1)スマートフォン、モバイル、パソコンを利用してホームページから申し込み
(2)フリーダイヤルへお電話
※ネット申込完了画面にフリーダイヤルが表示されます
(3)すぐに審査を開始
(4)お電話で審査結果をお伝えし、その場で会員登録
(5)ご都合に合わせて2通りの融資方法から選べます
「提携ATMを利用する方法」「振込キャッシングを利用する方法」


【金融豆知識コーナー】収入証明書不要でお金を借りるためには

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは利用しやすいのが最大の特徴です。 お金を借りるために担保や保証人を用意する必要がありませんし、原則的に運転免許証などの本人確認書類さえあれば申込ができます。 また、住宅ローンや教育ローンのように使い道が限定されないので、自分の購入したい商品やサービスがあれば何にでも使用することができます。 ただし、条件によっては本人確認書類だけでなく収入を証明する書類の提出が求められることがあるので注意が必要です。 収入証明書とはサラリーマンであれば源泉徴収票が一般的ですし、自営業者ならば自治体の発行する納税証明書や確定申告書などが一般的です。 なぜ収入を証明する必要があるのかというと総量規制があるからです。 総量規制とは借入を年収の3分の1までに制限するルールで、基本的に消費者金融で50万円を超える借り入れを行う場合には収入を証明して借入が年収の3分の1を超えていないかどうかを確認しなければなりません。 ですから、消費者金融から収入証明書不要でお金を借りたいという場合には借り入れ額を50万円以下に抑えることが必要になります。 もう1つ、収入証明書不要でお金を借りる方法としては銀行を利用するという方法があります。 銀行は消費者金融と違って総量規制の適用を受けないので100万円くらいの借入であれば本人確認書類だけで借りることができます。 銀行の審査は消費者金融と比べると若干厳しいことが多いですが、証明書を取り寄せる手間を省きたいという場合には便利です。


【金融豆知識コーナー】これからの時代の金融会社に求められる事

金融会社とは金融商品を扱う会社の事で、銀行や消費者金融、証券会社などが一般的に知られています。 金融を広い意味で捉えると保険や手形なども含まれますが、金融機関として融資を行い金利を得る会社が、金融の会社として扱われる事が多いです。 金融は経済活動には欠かす事が出来ないものです。 特に資本主義経済では、資本が資本を生むような構造で有る事が必須になります。 資本が有る人が資本の無い人に融資を行い、借りた物は金利を付けて返す。 こうする事でお互いがギブアンドテイクの関係になり、活発に資本が動く事によって経済活動が支えられます。 金融は古来より存在しますが、貸し主と借り主、つまり債権者と債務者の関係ですが、どうしても貸し主の方が立場的に強くなりがちです。 それにより資本家が富を独占し社会を支配する構造が長く続きました。 しかし現在では法律によって借り主が著しく不利になる取引は禁止されており、返済出来ない場合でも破産法などで保護される為、融資を行う金融機関が一方的に有利では無い時代になっています。 融資を行う側にも大きなリスクの有る時代の到来です。 その為、現在では金融会社は各社特色の有るサービスで差別化を図っていますし、規模の小さい会社などは銀行を母体とした金融グループの一員となり事業を行っています。 これからの金融は時代の変化への対応が必須となりますので、より柔軟な発想で金融の商品開発を行う事が、金融の世界で成功を収める鍵になります。


Copyright(c) 2016 モビット店舗ATM検索.com Inc. All Rights Reserved.